外壁塗装・屋根リフォームなら仙台市のスマートプラスへ

屋根・外壁リフォーム専門サイト

受付時間:9:00~17:00 水曜定休日

0120-988-396

スマートプラスの塗装現場日記

金属屋根塗装 ファインルーフSi

こんにちは!

 

今回は金属屋根の塗装現場からお伝えします。

横葺きの屋根で屋根材の継ぎ目や雪止め部分から錆汁が発生していました。

金属屋根は経年変化で錆が発生し、そのまま放っておくと錆が広がり著しく景観を損なわせてしまいます。

錆を発見しましたら、早期の塗装をオススメいたします。

img_0899

 

まずは高圧トルネード洗浄で表面の汚れを除去し塗装します。

下塗り材は1液ハイポンファインデクロです。エポキシさび止め塗料になります。

防錆力に優れ、速乾で作業性が良い下塗り材だす。

dscn6063

 

 

さび止めを塗り終わったら、中塗りと上塗りです。

塗料は日本ペイントの2液形シリコン系屋根塗料ファインルーフSIです。

ファインルーフSIの特長として、高光沢で高耐久、紫外線に強く塗たての美しさを長期間保ちます。

トタン屋根だけでなく、住宅用化粧スレート屋根や波形スレート屋根にも塗装可能です。

dscn6149dscn6224

屋根は外壁に比べ、過酷な状況下にあるため劣化の進行が早いのですが、住まわれている方も劣化に気が付かないことも多々あります。

一度、ご自身のご自宅の屋根をじっくりと見て、状況を確認することをオススメいたします。

そうは言っても、なかなか屋根に登って確認するのも難しいことですので、気になられている方は当社にお知らせください。

無料で外装診断をさせていただきます。

まずはご自身のお家の現状がどのような状況なのか知ることから始めてみませんか?

お気軽にお問い合わせ下さい。心よりお待ちしております!

カテゴリー: 未分類

大和町もみじケ丘 塗装工事 ファインパーフェクトトップ

みなさん こんにちは!

今回は昨年末に大和町もみじヶ丘で塗装工事をしました現場をご紹介いたします。

 

DSCN5715-300x225DSCN5719-300x225

総二階建てのお家で築年数が20年以上経過しており、外壁・付帯部がチョーキング現象をおこしていました。

チョーキング現象とは紫外線・熱・水分・風などの影響で塗装表面の塗膜が、チョークのような粉状になって顕われる現象です。

一般的に、このチョーキング現象が現れると塗装工事をするタイミングにきていると言われています。

今回外壁に使用した塗料は日本ペイントのファインパーフェクトトップです。

こちらの塗料の特徴として、まずラジカル制御技術です。これは高耐侯酸化チタンと光安定剤によるW効果で耐侯性を高める新しい技術です。紫外線に強い1液溶剤系シリコングレードを超える強靭な塗膜を形成し塗りたての美しさを長期間保ちます。

次に粘性調整によりレべリング性(均一に平らになる力)を向上させ、美しいツヤが得られます。

作業性も転写強化剤により下地への付着性が強く、塗ったときのグリップ感・滑りにくさが得られます。

また、親水化技術で雨だれ汚染対して優れた効果を発揮し、防藻・防カビ機能もあります。

ラジカル塗料はシリコン塗料よりも長持ちすると言われていますが、価格に大きな差はなく(場合によってはシリコンよりも安くなる)とてもコストパフォーマンスに優れたおススメの塗料です!

 

ホワイト系一色からホワイトと茶系の二色に模様替えです。

バランスのとれたとても良い仕上がりとなりました♪

塗装でお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

お待ちしております。

DSCN6219-300x225DSCN6221-300x225

カテゴリー: 未分類

デュフロン4F ファイン4Fについて

皆さんこんにちは。

今回は、ファイン4Fセラミックについてご紹介させていただきます。

0

ファイン4Fセラミック 外壁塗装
フッ素は汚れを雨で流れ落す
雨すじ汚れを徹底して防ぐ抜群の親水性と水に濡れやすくなることで、カーボン等の親油性の物質が付着しにくくなるとともに、雨水がかかった際に付着した汚れといっしょに流します。沿岸部などにお住まいの方におすすめです。

 

フッ素の特徴
「汚れを雨で流れ落す」という発想
雨すじ汚れを徹底して防ぐ抜群の親水性。水に濡れやすくなることで、カーボン等の親油性の物質が付着しにくくなるとともに、雨水がかかった際に付着した汚れといっしょに流します。

4

 

フッ素の魅力

フッ素の魅力(特性)は、フライパンに応用される非粘着性だけでなく、耐薬品性を活かして化学プラントのパッキンに使われたり、耐熱性を利用して自動車のブレーキパットやベアリングパットに活用されたり、耐候性や難燃性を活かして外装材にも応用されています。

 

こんな方にオススメ

品質を重視し、とにかく長期的に耐久性を維持したい。

一般よりさらに品質高く塗装したい。

塗替えの頻度をとにかく少なくし、長期的にはリーズナブルに済ませたい。

 

デュフロン4Fルーフ 屋根塗装

屋根は、紫外線や雨風を外壁よりも多く受けている場所のため、痛みが外壁より大きい場合が多いです。外壁塗装を実施される際は、屋根も塗装されることをお勧めします。

デュフロン4Fルーフ・ファイン4Fセラミック(フッ素塗料)で塗装をご検討の場合は、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。

上野

カテゴリー: 塗装豆知識

スレート屋根塗装時の縁切りの重要性!

みなさんこんにちは。

 

さっそくですが今回は題名の通り、スマートプラスがスレート屋根塗装の際に必ず行っている、縁切りの役割をするタスペーサー設置についてご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

まず、タスペーサーとは何かといいますと 、屋根裏の湿気や水分を逃がすための非常に重要な役割を担うものです。

スレート屋根のコグチ部分にタスペーサーを設置し、十分に隙間を確保できないと、水の逃げ場が無くなり腐りの要因となります。

スレート屋根材に一般的な3回工程塗装をすると多くの場合、屋根材と屋根材の間に塗料が入り接着した状態になってしまいます。

接着した状態になると、吸い上げられた雨水を排出する事が出来なくなり、下地材の腐朽から最悪の場合雨漏りに発展する事もあります。

 

「タスペーサー」の画像検索結果

↑ こちらがタスペーサーになります。

 

↑ こちらを1枚のスレート屋根材に対し、2~3枚差し込んでいきます。

 

↑ 真下から見るとタスペーサーによりしっかりと隙間が確保されているのが分かります。

 

 

耐久性の向上を目的とした塗装工事が原因で雨漏りになんてことがあれば、正に本末転倒ですよね。

ですから、スマートプラスでは、屋根塗装の際には縁切り部材「タスペーサー」の設置を徹底させて頂いております。

スレート屋根塗装のお見積りをとる際には、タスペーサーの設置も含まれているかというのも重要なポイントになりますね。

 

 

 

宮城県(仙台市・石巻市周辺)で 外壁塗装・屋根リフォーム・防水工事ならスマートプラスへ!

 

カテゴリー: 未分類

外壁リフォームのコツ~色選びとは??~

みなさんこんにちは!

スマートプラスの圡屋です。

 

ようやく梅雨も明け、これからまたどんどん暑くなりますね!

蒸し暑いのは苦手ですが、カラッと晴れた暑い日は結構好きだったりします。

 

 

さてさて、湿度の高い梅雨が明けたためこれからは外壁塗り替えの季節ですね!!

皆さま、外壁を塗り替えるときに一番悩むことはなんでしょうか?

私はやはりお色ではないかと思います。

 

外壁とは外から一番見える箇所であるので、色・素材などこだわりぬきたいですよね!

 

そこで今回は色選びの方法をお伝えしたいと思います。

 

まず一つ目、色の基本知識についてです。サンプルから色を選ぶ時には色は明度下げたものを選びましょう。

なぜかというと、小さなサンプルで選んだ色は実際の家の大きさで見てみると実は結構色が変わった印象を受けます。

 

例えば薄い色はより薄くなって見えますし、濃い色は数段濃く見えます。

 

想定より濃くなってしまった場合、周囲の色となじまずうるさくなってしまったり、建物自体に落ち着きがなくなってしまうなどのデメリットが考えられます。

 

それと比べて低彩度だった場合は、多少薄くなりはすれど、環境にはなじみやすく色に落ちつきがでるのでちょっとした高級感が得られます。

 

このように、外壁の色選びは簡単なようで、実はとても難しいことだったりします。

 

そんなお客様のお家の色選び、もし迷われているようでしたら、ぜひわたしたちにご協力させてください!

 

宮城県(仙台市・石巻市周辺)で 外壁塗装・屋根リフォーム・防水工事ならスマートプラスへ!

カテゴリー: 未分類

ニチハ金属サイディング

みなさんこんにちは!

今日はニチハの金属サイディングについてお話したいと思います。

こちらがカタログ

 

KIMG0228

 

 

こちらのニチハセンターサイディングは、「超軽量」「遮音性」「断熱性」「耐久性」など

外壁にとって必要な性能を兼ね備えた、新築やリフォームに最適な外壁材です。

 

KIMG0230

 

こちらの金属製サイディングボードには大きな特徴が5つあります。

1.耐震性能

住宅の重量を大幅軽減。

センターサイディングの重量は、モルタルの約10分の1です。住宅構造が同等の場合、地震の影響を受けにくくなり、耐震性が高くなります。

2.耐凍害性能

寒冷地での凍害防止。

寒冷地では外壁材の表面に付いた水分が凍結と融解を繰り返され、基材の劣化(凍害)が懸念されます。センターサイディングは表面材に塗装ガルバリウム鋼板を使用しており、凍害の心配がありません。寒冷地でも安心してご使用いただけます。

3.遮音性能

厚み18㎜による遮音性。

センターサイディングは主要な製品の厚みを18㎜に設定しており、より高い遮音性能を発揮します。また、重ね張り工法によるリフォームの場合、壁が二重構造となり、外部からの騒音をさらに軽減します。

4.断熱性能 遮音性能

断熱材を一体成型。

センターサイディングは主要な製品の厚みを18㎜に設定し、芯材には硬質ウレタンフォームやイソシアヌレートフォームを使用しております。断熱性能に優れた外装材として、省エネルギーに貢献します。

5.通気構法

外壁の性能を長期間維持。

「通気構法」とは外壁材の裏面に空気の通り道(通気層)を作り、湿気や熱を排出・乾燥させ、壁体内の結露を防ぐ構法です。同時に通気層を設けることで、冷暖房効率のアップにも繋がります。住宅の耐久性を向上させるとともに、快適な住環境を実現します。

 

施工例です。こちらが施工前

 

金属サイディング前

 

施工後です。

 

影光マイクロガード センタースパン

 

テーマは「和モダン」。ニチハ影光マイクロガードとセンタースパンマイクロガードの貼り分けが非常に綺麗です。

金属サイディング上貼りはスマートプラスにお任せください!

それではまた!

 

 

カテゴリー: 工事は私にお任せください

夏の暑さ対策におすすめ塗料!

みなさんこんにちは!

 

今回は暑さ対策におすすめのガイナについて話していきたいと思います。

ガイナ塗料は、宇宙技術を民間転用して作られた塗料です。

外壁塗装といえば、一般的には価格が安いウレタン塗料や費用対効果がよいといわれるシリコン塗料などが有名ですが、スマートプラスでは、10年以上今の家に住む予定の方には、ガイナ塗料をおすすめてしております。

なぜかと言いますと、

 

・遮熱効果があるので、冬あたたかく、夏すずしく過ごして頂けます。

・断熱効果があるので、光熱費削減になります!

・耐久年数が12~15年と長期間に渡り美観を保てます。(シリコン塗料は10年程度)

 

だから、スマートプラスは自信をもって、ガイナをおすすめてしております。

 

 

これまでも「遮熱塗料」というものは、各メーカーからでていますが、ガイナは「遮熱」と「断熱」の両方できちゃうところが優れものなんです。

 

では、遮熱と断熱の違いとはなんでしょうか。

 

『遮熱』・・・赤外線、ふく射熱を反射して熱を防ぐこと。

→夏場の暑さ対策としては効果があるのですが、冬場の寒さ対策にはならないのです。

『断熱』・・・物質内で熱が移動する熱伝導を防ぐこと。

→夏は暑さを室内に伝えない。冬は冷気を室内に伝えない。

 

 

ガイナには、遮熱・断熱性能に優れたセラミックが10~20ミクロン中空セラミックビーズとして配合されています。

そのセラミックビーズは、外壁に塗る前はバラバラに浮遊しています。

しかしいったん外壁に塗ると、乾燥しながらそれらのセラミックビーズが表面に集まり、層を作って外壁をコーティングするようになるのです。

 

 

よって、遮熱効果と断熱効果の両方を可能にしているというわけです!!!

これからの暑い季節には是非ガイナがおすすめですよ!

 

宮城県(仙台市・石巻市周辺)で 外壁塗装・屋根リフォーム・防水工事ならスマートプラスへ!

 

カテゴリー: 現場実況中継

菊水化学工業 水系ファインコートシリコン

みなさんこんにちは!

本日は菊水化学工業の水系ファインコートシリコンについてお話したいと思います。

こちらがカタログ

 

KIMG0188

 

菊水の水系ファインコートシリコンには大きな6つの特長があり、評価されています。

○高耐候性

高耐候性を有した強靭な塗膜により長期間にわたり建物を保護します。耐用年数が水性のシリコン塗料の中でも長い事が特徴。

※対候計1種相当 照射時間2500時間で、塗膜にひび割れ、はがれ及び膨れがなく、光沢保持率は80%以上で、変色の程度がグレースケール3号以上であり、白亜化の等級が1以上であること

 

○防藻・防カビ効果

優れた防藻・防カビ機能により、住む人の健康にも影響する場合がある藻やカビなどの発生を抑え、安心で快適な住空間を維持します。

 

○低汚染性

親水性塗膜なので汚れが付着しても雨水で徐々に流され、高レベルの低汚染性を発揮します。

 

○工期短縮

優れた密着性能により、各種下地に直接塗装を実現。下塗りが省けるので工期を短縮できます。2回塗りで、3回塗りに比べて工賃を1回分おさえられますので、お求めやすい価格にてご提供できます。

 

○微弾性フィラーの上塗り

微細なクラックがある場合も、改修の現場で使用されている微弾性フィラー(ソフトリカバリー等)の仕上げ材として活用する事で、微細なクラックの再発生を防ぎ、建物の美観を保ちます。

 

○水系だから安全

水系塗料ですので引火の心配がなく、溶剤形シンナーも使用しないので臭気も気になりません。住宅やマンション改修に最適の塗料です。

 

KIMG0187

 

施工前

 

菊水前

 

 

水系ファインコートシリコン施工後

 

菊水後

 

 

水系ファインコートシリコン塗装はスマートプラスにお任せ下さい!!

それではまた!

カテゴリー: 工事は私にお任せください

外壁塗装の工事手順②

こんにちは!

昨日、結露でボロボロになった外壁の写真を見て衝撃を受けました。東山です。

 

今回も、前回に引き続き、工事の手順を化粧の手順になぞらえて見ていきたいと思います。

今回は後半の4工程です。化粧で言うと、やっとファンデーションです。ここまでが長かったですね…

外壁塗装 施工工程2

やっとここから本番です!どうぞ、最後までお付き合いください。

 

◆仕上げ塗料①

やっと化粧品らしい化粧品が登場です!化粧下地を塗りこみます。

女性の方なら共感してくださると思いますが、これをするのとしないのではその後の化粧の持ちが違いますよね。

外壁塗装での上塗りの1回目(中塗り)は下塗りと上塗りの中間に塗り付ける層になります。

平滑な下地を作ったり、上塗り材の補強がこの工程の目的です。

スマートプラスでは、この中塗りは上塗りと若干色を変えています。この秘密は次の工程で…

色を変えても、ほんの少しなら、にじんだりすることもなく上塗りでご希望の色に塗ることが可能です。

 

◆仕上げ塗料②

さあ!ファンデーションです!面積が広く、肌のきれいさは化粧の中でも大事ですよね。

外装では、いよいよ上塗りです。カラーシミュレーションと塗り板で確認した色に塗っていきます。

中塗りと若干違いがわかる塗料を塗り、厚みを付けることで機能性を高めます。

また、2度塗りをすることで耐久性を確保できます。

ここで、先ほどの秘密を公開します…!

なぜ、中塗りと若干違う色を塗るのか?それは、2度塗りがきちんとされているかを調べるためです。

同じ色の塗料では、1度しか塗っていないのか、きちんと2度塗ったのかの判断ができません。

建築業界の黒い部分として、この塗り方を守らず、最後の上塗り塗料を1回だけ塗って終わりにしてしまう業者がいたりするんです。

スマートプラスでは、そのような不正を防ぐため、中塗りと上塗り塗料の色を変えて、きちんと2回塗を照明しているというわけなんです。

 

◆付帯部分

アイメイクやリップ、チークなどは細かいけれど、そこで印象がガラッと変わりますよね。

外装では、付帯部分ですね。

外壁、屋根以外の雨どいや通気口、鼻隠し、破風など、付帯部の施工も丁寧に、忘れずに。

この部分に塗料が細かく飛び散ってしまっていたりします。

どれだけ職人さんが気を付けていても起きてしまう飛散だったりしますが、指摘いただければ上から塗り直して隠すことは可能です。気になる部分は遠慮せずにお申し付けください!

 

◆点検・養生解体

メイクが終わったら全体のバランスが取れているか、はみ出して変になっている部分は無いか、見直しますよね。

外装も同じです。最後のチェックとして、点検と養生の解体を行います。

仕様書と照らし合わせながら、仕上がりを確認。施工に不備がないか、思った通りに仕上がったかをチェックしていきます。

 

そして、これでやっと施工終了です。2~3週間の長丁場お疲れ様でした!

きっと、男性にとっての女性のメイクは同じくらい長く感じるんでしょうね…

でも、女性にとってのメイクも、忙しいときは楽しんでる余裕なんてないんですよ!笑

女性がゆっくりお化粧しているときは待ってあげてください。笑

 

それでは2回に渡る「外壁塗装の工事手順」にお付き合いいただき、ありがとうございました!

途中でもお伝えした通り、スマートプラスでは丁寧で誠実な施工に努めております。

宮城県(仙台市・石巻市周辺)で外壁塗装・屋根リフォーム・防水工事ならスマートプラスへ!

カテゴリー: スマートドライブ運営事務局

外壁塗装におけるコーキング材の選び方について

みなさんこんにちは。

最近は梅雨に入り、雨の日が多く気持ち的にもスッキリしない日が続いているのではないでしょうか。スマートプラスはそんな天気も関係なく元気いっぱいで働いております!

 

さて、今回はコーキングについて書いていこうと思います。

まずコーキングとは、外壁サイディングのボードとボードの境目にある「目地」といわれる継ぎ目や

窓などのサッシまわりにある、ゴム状のものが埋め込まれている部分の事をコーキング・またはシーリングと言います。

外壁サイディングは湿気や乾燥などから伸縮するものなので、このコーキング材の伸縮性がよくないと、外壁材との密着が弱くなり目地部分やサッシ周りに隙間ができ、雨水の侵入の原因となります。

そこで当社がシーリング材として取り扱っている、

オート化学さんの【オートンイクシード15+】という商品は、他のコーキング材よりも

伸縮性・耐候性・耐久性に優れている長寿命コーキング材です!!

 

これまでのオートンシリーズの技術に加え、高耐久性特殊ポリマーを配合することで
これまでに無い超長期耐久型シーリング材の開発に成功しました。

皆様の大切な住宅に一つ上のクオリティーはいかがでしょうか?

 

KIMG0200

塗替えの際はお家に合った塗料選びも大事ですが、コーキング材選びもしっかりと行うことがお家をしっかり守る秘訣のひとつであることをお忘れずに!!

宮城県(仙台市・石巻市周辺)で外壁塗装・屋根リフォーム・防水工事ならスマートプラスへ!

 

カテゴリー: 現場実況中継
2017年6月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930