外壁塗装におけるコーキング材の選び方について

みなさんこんにちは。

最近は梅雨に入り、雨の日が多く気持ち的にもスッキリしない日が続いているのではないでしょうか。スマートプラスはそんな天気も関係なく元気いっぱいで働いております!

 

さて、今回はコーキングについて書いていこうと思います。

まずコーキングとは、外壁サイディングのボードとボードの境目にある「目地」といわれる継ぎ目や

窓などのサッシまわりにある、ゴム状のものが埋め込まれている部分の事をコーキング・またはシーリングと言います。

外壁サイディングは湿気や乾燥などから伸縮するものなので、このコーキング材の伸縮性がよくないと、外壁材との密着が弱くなり目地部分やサッシ周りに隙間ができ、雨水の侵入の原因となります。

そこで当社がシーリング材として取り扱っている、

オート化学さんの【オートンイクシード15+】という商品は、他のコーキング材よりも

伸縮性・耐候性・耐久性に優れている長寿命コーキング材です!!

 

これまでのオートンシリーズの技術に加え、高耐久性特殊ポリマーを配合することで
これまでに無い超長期耐久型シーリング材の開発に成功しました。

皆様の大切な住宅に一つ上のクオリティーはいかがでしょうか?

 

KIMG0200

塗替えの際はお家に合った塗料選びも大事ですが、コーキング材選びもしっかりと行うことがお家をしっかり守る秘訣のひとつであることをお忘れずに!!

宮城県(仙台市・石巻市周辺)で外壁塗装・屋根リフォーム・防水工事ならスマートプラスへ!

 

カテゴリー: 現場実況中継   パーマリンク