外壁塗装の工事手順②

こんにちは!

昨日、結露でボロボロになった外壁の写真を見て衝撃を受けました。東山です。

 

今回も、前回に引き続き、工事の手順を化粧の手順になぞらえて見ていきたいと思います。

今回は後半の4工程です。化粧で言うと、やっとファンデーションです。ここまでが長かったですね…

外壁塗装 施工工程2

やっとここから本番です!どうぞ、最後までお付き合いください。

 

◆仕上げ塗料①

やっと化粧品らしい化粧品が登場です!化粧下地を塗りこみます。

女性の方なら共感してくださると思いますが、これをするのとしないのではその後の化粧の持ちが違いますよね。

外壁塗装での上塗りの1回目(中塗り)は下塗りと上塗りの中間に塗り付ける層になります。

平滑な下地を作ったり、上塗り材の補強がこの工程の目的です。

スマートプラスでは、この中塗りは上塗りと若干色を変えています。この秘密は次の工程で…

色を変えても、ほんの少しなら、にじんだりすることもなく上塗りでご希望の色に塗ることが可能です。

 

◆仕上げ塗料②

さあ!ファンデーションです!面積が広く、肌のきれいさは化粧の中でも大事ですよね。

外装では、いよいよ上塗りです。カラーシミュレーションと塗り板で確認した色に塗っていきます。

中塗りと若干違いがわかる塗料を塗り、厚みを付けることで機能性を高めます。

また、2度塗りをすることで耐久性を確保できます。

ここで、先ほどの秘密を公開します…!

なぜ、中塗りと若干違う色を塗るのか?それは、2度塗りがきちんとされているかを調べるためです。

同じ色の塗料では、1度しか塗っていないのか、きちんと2度塗ったのかの判断ができません。

建築業界の黒い部分として、この塗り方を守らず、最後の上塗り塗料を1回だけ塗って終わりにしてしまう業者がいたりするんです。

スマートプラスでは、そのような不正を防ぐため、中塗りと上塗り塗料の色を変えて、きちんと2回塗を照明しているというわけなんです。

 

◆付帯部分

アイメイクやリップ、チークなどは細かいけれど、そこで印象がガラッと変わりますよね。

外装では、付帯部分ですね。

外壁、屋根以外の雨どいや通気口、鼻隠し、破風など、付帯部の施工も丁寧に、忘れずに。

この部分に塗料が細かく飛び散ってしまっていたりします。

どれだけ職人さんが気を付けていても起きてしまう飛散だったりしますが、指摘いただければ上から塗り直して隠すことは可能です。気になる部分は遠慮せずにお申し付けください!

 

◆点検・養生解体

メイクが終わったら全体のバランスが取れているか、はみ出して変になっている部分は無いか、見直しますよね。

外装も同じです。最後のチェックとして、点検と養生の解体を行います。

仕様書と照らし合わせながら、仕上がりを確認。施工に不備がないか、思った通りに仕上がったかをチェックしていきます。

 

そして、これでやっと施工終了です。2~3週間の長丁場お疲れ様でした!

きっと、男性にとっての女性のメイクは同じくらい長く感じるんでしょうね…

でも、女性にとってのメイクも、忙しいときは楽しんでる余裕なんてないんですよ!笑

女性がゆっくりお化粧しているときは待ってあげてください。笑

 

それでは2回に渡る「外壁塗装の工事手順」にお付き合いいただき、ありがとうございました!

途中でもお伝えした通り、スマートプラスでは丁寧で誠実な施工に努めております。

宮城県(仙台市・石巻市周辺)で外壁塗装・屋根リフォーム・防水工事ならスマートプラスへ!

カテゴリー: スマートドライブ運営事務局   パーマリンク