スレート屋根塗装時の縁切りの重要性!

みなさんこんにちは。

 

さっそくですが今回は題名の通り、スマートプラスがスレート屋根塗装の際に必ず行っている、縁切りの役割をするタスペーサー設置についてご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

まず、タスペーサーとは何かといいますと 、屋根裏の湿気や水分を逃がすための非常に重要な役割を担うものです。

スレート屋根のコグチ部分にタスペーサーを設置し、十分に隙間を確保できないと、水の逃げ場が無くなり腐りの要因となります。

スレート屋根材に一般的な3回工程塗装をすると多くの場合、屋根材と屋根材の間に塗料が入り接着した状態になってしまいます。

接着した状態になると、吸い上げられた雨水を排出する事が出来なくなり、下地材の腐朽から最悪の場合雨漏りに発展する事もあります。

 

「タスペーサー」の画像検索結果

↑ こちらがタスペーサーになります。

 

↑ こちらを1枚のスレート屋根材に対し、2~3枚差し込んでいきます。

 

↑ 真下から見るとタスペーサーによりしっかりと隙間が確保されているのが分かります。

 

 

耐久性の向上を目的とした塗装工事が原因で雨漏りになんてことがあれば、正に本末転倒ですよね。

ですから、スマートプラスでは、屋根塗装の際には縁切り部材「タスペーサー」の設置を徹底させて頂いております。

スレート屋根塗装のお見積りをとる際には、タスペーサーの設置も含まれているかというのも重要なポイントになりますね。

 

 

 

宮城県(仙台市・石巻市周辺)で 外壁塗装・屋根リフォーム・防水工事ならスマートプラスへ!

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク