外壁塗装・屋根リフォームなら仙台市のスマートプラスへ

屋根・外壁リフォーム専門サイト

受付時間:9:00~17:00 水曜定休日

0120-988-396
  • HOME >
  • 夏すずしく、冬あったかくするエコな外壁塗装なら、スマートプラスのガイナに決まり!

夏すずしく、冬あったかくするエコな外壁塗装 スマートプラスのガイナに決まり!

ところでガイナってどんな染料なの?

こんにちはっ!スマートプラスの石井です。
私がガイナについてお答えします。
ガイナ塗料は、宇宙技術を民間転用して作られた塗料です。
外壁塗装といえば、一般的には価格が安いウレタン塗料や費用対効果がもっともいいと言われているシリコン塗料などが有名ですが、スマートプラスでは、10年以上今の家に住む予定の方には、ガイナ塗料をおすすめてしております。
なぜかと言いますと、

  • 遮熱効果があるので、冬あたたかく、夏すずしく過ごして頂けます。
  • 断熱効果があるので、光熱費削減になります!
  • 耐久年数が12~15年と長期間に渡り美観を保てます。(シリコン塗料は10年程度)

だから、私たちは自信をもって、”ガイナ”をおすすめてしております。
では、もう少し詳しく”ガイナ”についてのご説明をさせて下さい。

ガイナは宇宙開発技術を民間転用した画期的な塗料です!

実は、ガイナはよくTVなどでも取り上げられています。
それはこのガイナが、ロケット開発で有名な宇宙航空研究機関機構(JAXA)が開発した断熱技術のライセンスを民間転用するためのプロジェクト「JAXA COSMODE PROJECT」の一貫として受けて商品化された塗料だからです。

JAXA COSMODE PROJECT
【写真提供】独立行政法人宇宙航空研究開発機構

左の図のオレンジの線で囲まれた部分がロケットの先端部(フェアリング)。
JAXAは、H-Ⅱのロケット開発に際して、打ち上げ時の熱から機体および人工衛星を守るために、ロケットの先端部(フェアリング)に塗布する断熱技術を開発。
この断熱性の高い特殊セラミックを塗料化したのが、ガイナなのです。
JAXA COSMODE PROJECT
JAXA COSMODE PROJECTは、日本の宇宙開発から生まれた最先端のアイディアをより多くの人の日常に届けるために発足された、「プロダクト開発プロジェクト」です。


ガイナが可能にした断熱効果と遮熱効果の両立

これまでも「遮熱塗料」というものは、各メーカーからでていますが、ガイナは「遮熱」と「断熱」の両方できちゃうところが優れものなんです。

※「遮熱」と「断熱」の違いとは・・・
『遮熱』・・・
赤外線、ふく射熱を反射して熱を防ぐこと。
→夏場の暑さ対策としては効果があるのですが、冬場の寒さ対策にはならないのです。
『断熱』・・・
物質内で熱が移動する熱伝導を防ぐこと。
→夏は暑さを室内に伝えない。冬は冷気を室内に伝えない。

ではなぜガイナは、断熱と遮熱ができるのでしょうか?

ガイナには、遮熱・断熱性能に優れたセラミックが10~20ミクロン中空セラミックビーズとして配合されています。

そのセラミックビーズは、外壁に塗る前はバラバラに浮遊しています。
しかしいったん外壁に塗ると、乾燥しながらそれらのセラミックビーズが表面に集まり、層を作って外壁をコーティングするようになるのです。
(※右図ご参照)

ガイナに配合されているセラミックは、セラミックの中でも熱を伝えにくい物質ですが、層を作ることで、熱の移動を遮って断熱をしてくれるわけです。

さらにセラミックは熱エネルギーを遠赤外線に変化させる性質があります。これにより夏は太陽熱をはね遮ることができます。
(遮熱効果、ですね!)

ガイナを建物の屋根、外壁に塗るだけで、太陽光線から受ける影響の約95%を反射し、夏涼しい究極の外断熱が完成します。

特に夏場高温になる屋根や西日の当たる壁面に塗るとその効果を実感して頂けます。
反対に冬場は、ガイナを室内に塗った場合には、冬の暖房による熱がガイナを塗った壁や天井から遠赤外線として再放射されるため、より暖かいお部屋となります。

またガイナは断熱効果もあります。
厚さ5cmの発泡スチロールよりも高い断熱性能を発揮します。
また内装仕上げ材にガイナを使用すると、遠赤外線効果でさらに暖房効果がアップします。
ですので、スマートプラスでは、ヒートショック対策のために、よく洗面脱衣所の内装に使用します。
断熱効果は、もちろん夏場も効果を発揮します。
開発メーカーが行った実験データによると、ある工場で塗布前に冷暖房にかかった費用が1,726,315が塗布後は910,390円に激減。
なんとマイナス815,925円の削減効果があったとのことです。
断熱効果で2階天井の温度が15度低下して4台あった冷暖房機が1台になったため大幅な費用削減効果があったのです。

【乾燥前】
それぞれの効果を発揮する数種類の特殊セラミックビーズを配合

【乾燥後】
自然乾燥することにより、塗布表面がセラミックコーティング化

ガイナの場合、遮熱・断熱の機能があるため一年を通して効果を発揮します。

次に、耐用年数についてお話をします。
外壁は大気中の紫外線を浴びることで、塗膜が劣化して美観が損なわれていきます。
ですがガイナは、特殊セラミックビーズの最先端技術によりこの難題をクリアしています。 耐用年数

このページのトップへ

お問い合せはこちらから

ガイナ実験動画
多くのお客様からスマートプラスが選ばれる理由は、他社との6つの違いがあるからです! こだわり1 高圧トルネード洗浄で根こそぎ洗浄

スマートプラスでは、塗装前に屋根は高圧トルネード洗浄、外壁はオリバークリーナーによるバイオ洗浄を必ず実施します。
ストレート屋根の屋根を例にご説明します。

左の写真が高圧トルネード洗浄中です。
高圧洗浄機のノズルの先がクルクル回ってものすごい水圧の水を噴射する事から、
高圧トルネード洗浄と呼ばれています。

当たる角度によっては手に切り傷ができる程の高圧です。
まずこれでコケや汚れ、古い塗膜を全て吹き飛ばします。

トルネード洗浄中   洗浄後

右の写真が高圧トルネード洗浄後の状態です。
ここまで白く飛ばします。しっかり洗浄してから塗装することで、塗料が食いつきます。

こだわり2 造膜シーラー(下塗り)でしっかり下地作り

スマートプラスでは日本ペイントさんのファイン浸透造膜シーラーを使用しています。

従来のストレート屋根に染み込んでいき素地を造るファイン浸透シーラーと違い
こちらはこれ自体がストレート屋根の上にしっかりと膜を作りますので、中塗りとの圧着度が抜群です。

いかに造膜シーラーといえども、ここまで屋根が白く飛んでいると1度塗りでは
中に染み込んでいってしまい十分な膜が作れない場合があります。

その場合、スマートプラスでは下塗りを2回行います。
ここまで下塗りにこだわる事で、塗膜の持ちが決定的に違ってきます。

日本ペイントさんのファイン浸透造膜シーラー   ファイン浸透造膜シーラーの施工
こだわり3 安心の3回塗り

スマートプラスでは、屋根・外壁ともに3回塗りにこだわります。
(下地状態が悪い場合は、4回塗りを行います)

メーカーによっては「2度塗りOK・工期短縮」をうたっている塗料もありますが
果たして工期短縮が本当にお客様のためになるのでしょうか。

確かに2度塗りという事になれば使用する塗料の缶数は減り
工期短縮で職人さんの稼働日数が減り、安く仕上げる事は出来るでしょう。

しかし短期間で塗膜が駄目になり、もう一度足場を組んで塗装という事になれば
かえってランニングコストが高くついてしまい、お客様の不利益となってしまいます。

そのような観点から、スマートプラスでは3回塗りで強く・綺麗で・しっかりと長持ちする
外装に仕上げる事にこだわります。

下塗り   そして中塗り   そして最後の上塗り

まずは白いパーフェクトフィラーで仕上げます。
中塗りと上塗りの色を少し変えて塗装します。

ここがポイントです。
色を変える事で塗っていない所が一目瞭然ですので塗りむら・塗り残しを無くす事ができます。


しっかりと3回塗りで仕上げる事で、2回塗りで仕上げた塗膜とは持ちが決定的に違ってきます。

小学生が見ても分かる!色を変えての3回塗りで塗り残しを見逃さないようにして、
心を込めて塗装しています。

こだわり4 完工前検査は足場あり、なしの2回!

お客様へお引渡しする前の、最後の重要なポイントが完工前検査です。
中には職人さん任せであまりチェックもせず、塗装が終わるとすぐに、足場をばらしてしまう会社さんもあるようですがスマートプラスは完工前検査に徹底的にこだわります。

足場をばらす前の検査が終われば、次は足場をばらした後の検査。
なぜ足場をばらした後にもう一度検査をするのか?
それは足場をばらして初めて見えてくる部分があるからです。

足場ありの検査で発見   足場なしの検査で発見
胴差しの上にペンキの飛びを発見しました。
胴差しの上にペンキの飛びを発見しました。
  小さい虫が樋に付いています。
小さい虫が樋に付いています。
  足場の足の泥が付いていましたので、しっかりと拭き取ります。
足場の足の泥が付いていましたので、しっかりと拭き取ります。

職人さんも細心の注意を払って仕事をしていますが、やはり人間ですので見落とす事もあります。
スマートプラスではダブルチェックの意味も込め、各営業担当がしっかりと検査をして、
このような見落としを防ぎます。

(ご希望のお客様には、足場をばらす前に足場の上をご案内しながら仕上がりを見て頂いています)


また検査内容を御施主様にご納得頂くため、
オリジナルの「完工前検査のチェックシート」&「完了報告書」をご提出します。

ここまでしっかり検査して完工前検査は完了です。

お引き渡し前チェックシート   工事完了報告書
お引き渡し時チェックシート見本   工事完了報告書見本
※画像をクリックすると拡大します。
こだわり5 5年保証でアフターフォローもばっちり!

日本ペイントカラーチップ スマートプラスでは外装工事をされたお客様に一律5年点検保証をつけております。

また保証期間の間は、毎年冬に当社担当がお伺い点検をさせていただいております。
それは外装工事においての保証というのは施工後の経過をきちんと点検してこそ保証である、という企業としての考えがあるからです。

またスマートプラスでは塗装だけでなく住宅全般のリフォーム工事を行っております。
お客様の外装にかかるランニングコストを極力下げ、その分を水廻りや内装の費用に充てて快適な生活をしていただくために、お家トータルでの快適な暮らしのお手伝いをさせて頂いております。

塗装をして終わり!ではなく、そこから末永いお付き合いが始まると、スタッフ一同思っております。

こだわり6 丁寧なカラーシミュレーション

日本ペイントカラーチップ 「色はお客様の好みですから、このカラーチップから好きな色を
お選び下さい。」
色決めの現場でよく耳にしそうなこの会話。

しかし果たして色決めをお客様任せにする事が、
本当にお客様の為なのでしょうか。

お客様の色の好みは様々なので、私は口を出しません。
これはお客様志向のようにも聞こえますが、
ある意味では「逃げ」ともとれます。

なぜなら日本ペイントのカラーチップだけで数百色あり、
塗装部位は、屋根・外壁・破風・軒天・樋・胴差し・水切り・面格子・
ベランダ壁等、多数にわたります。

そのような中、分厚いカラーカタログだけを置いていって決めて下さいという形で本当にお客様はご満足のいく色で塗装する事が出来るでしょうか。

スマートプラスはお家の色彩提案にこだわります。

スマートプラスのスタッフは日本ペイントのハナコレマイスターという色彩提案のライセンスを持っております。
しかし小難しい色彩理論を打合せでお話しする事はございません。
好きな色を1色だけお教え下さい。
「オレンジが好き」と教えて頂ければ、それだけでお家の色彩の提案をさせて頂きます。

テーマカラーに合わせて色彩提案のプラン例
オレンジ   マゼンタ   ブルー
※画像をクリックすると拡大します。

あとはこの中からお客様のイメージに近い物をお選び頂き、そこから具体的な色決めをさせて頂きます。

スマートプラスには色彩提案の豊富なノウハウがあります。
せっかく塗装をするのですから、色を楽しみ服を着替えるようにお家も着替えましょう!

施工例
施工前→施工後
施工前→施工後
施工前→施工後
施工前→施工後
施工前→施工後
施工前→施工後

スマートプラスのお客様の声はこちらからスマートプラスのお客様インタビューはこちらから

お問い合せはこちらから


お問い合せはこちらから